さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

「婚約中の彼氏の浮気」は慰謝料を貰うことができるのか

「夫が不倫をしていて慰謝料を貰って離婚した…」なんて話はよく聞きますが、結婚前の「婚約中」の状態の彼に浮気されてしまった!なんて女性の話もよく聞きますね。

「結婚したら真面目になるし、結婚前の最後の独身期間は少しだけ遊びたいな」

…なんて思う男性は実は少なくありません。彼氏側からしたらちょっとした息抜きや、最後の思い出作り…なんて気持ちだったとしても、女性側からしたらたまったもんじゃないですよね。

そんな「婚約中の彼氏の浮気」は慰謝料を貰うことができるのかどうかを、ここでは説明していきたいと思います。

1.婚約中なら慰謝料は取れる

まず結論から言うと、婚約中で書類上まだ夫婦・配偶者という立場になっていなくても慰謝料は取れます。
実はまだ正式に夫婦になっていなくても婚約中の浮気は「不貞行為」とみなされ、実際の夫婦間で起こった不倫と同様に慰謝料請求ができるのです。
案外これを知らずに泣き寝入りしてしまう女性も多いので、しっかり把握しておいてくださいね。

2.大切なのは「婚約」を本当にしているかどうか

このケースの場合「本当に婚約しているのかどうか」で慰謝料を取れる、取れないが変わってきます。
ですので、ケースごとに詳しく説明していきたいと思います。

確実に「婚約者」として認められる場合

例えば、すでに婚約指輪を彼氏側から送られている場合や、両親との顔合わせ、結納などを済ませている場合。また、結婚に向けて式場の予約や見学などを進めていた場合などの「結婚に向けて何かしらの行動を起こしている場合」です。
この場合は、特に問題無く慰謝料請求ができ、裁判等でも「婚約中の不貞行為」と認められます。
特に、両親との顔合わせを済ませているような場合だと、第三者から見ても「この二人は婚約中なんだ」という認識があるので、すんなりと慰謝料請求できます。

口約束だけの場合は難しい

逆に請求できるかどうかが難しいケースは、お互いの口約束だけを交わしている場合。「いつか結婚しようね!」「そうだね!」だけの会話でも「婚約中」と判断する人も居るかもしれませんが、これだけだと慰謝料請求するには弱いのです。実際にお互いが結婚を意識し続けているのかどうかは、口約束だけでは判断出来ず「言った」「言わない」の水掛け論になってしまう場合もあり、そうなるとより難しくなります。
互いが実際に結婚を考えており、何かしら行動に移さないと「婚約中の不貞行為」とは認められづらくなっています。
なので「プロポーズをされたのに婚約中にならないの!?」という事態にならない為には、プロポーズの時に婚約指輪を一緒に貰う、またはプロポーズの場に第三者として証人を用意しておく等があれば確実です。

3.浮気相手からも慰謝料は取れる?

こちらも、夫婦間であれば浮気相手からも慰謝料を請求することができますね。基本的には、婚約中であっても同じく、慰謝料を取ることが出来ます。
ただ、この場合は「浮気相手が、彼氏が婚約中だということを知っていた場合」そして「浮気相手と肉体関係があった場合」の2つに該当する場合に限ります。
特に前者の「彼氏が婚約中だということを把握していたか」に該当しないと、浮気相手のほうも被害者となります。このケースは通常の夫婦間での不倫でも同じですね。

4.証拠はしっかり集めておいて

婚約中であろうが、すでに籍を入れて夫婦になっていようが変わらず必要なのは「彼氏、または旦那が浮気相手と不貞行為を行った」という証拠です。
これが無ければ婚約中だろうが関係なく慰謝料を請求することは難しくなってきてしまいます。
特に、すでに結婚している状態だと同じ家で暮らしている事がほとんどなので、夫の変化等にも気づきやすく、不倫の証拠を集めることも難しくありませんが、婚約中だとまだそれぞれ別々に暮らしている場合も多く、証拠も集めづらいことも多いので、そのような場合は探偵などの専門機関に依頼すると、自身で危険を冒す事なく不貞行為の証拠を集めることができます。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから