さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

夫が浮気した!関係修復で前より良い関係となる心構え

夫の浮気はなかなか許せるものではありません。そのような心持ちのなか、関係修復は可能なのか。また笑顔で一緒に暮らせるのか。不安に思う人のために、関係修復で前よりも良い関係となる心構えについてご紹介します。この記事を読むことで、夫との関係修復を前向きに捉えられるようになるでしょう。

〇浮気夫との関係修復は可能なのか

浮気夫との関係修復は夫婦しだいで、可能です。

浮気をするような男とこのまま一緒に居ても良いのか?という疑問に、夫に浮気された妻はぶつかります。関係修復は長い道のりです。精神的にツラいこともあるでしょう。それでも、夫とまだやり直したい。一緒に乗り越えていきたいと思い、覚悟があるのなら関係修復できるでしょう。

〇関係修復で前よりも良い関係になるための心構え

・冷静になることを意識する

夫婦関係の修復でなによりも大切なのは「冷静さ」です。人は冷静でないときほど誤った選択をしてしまいます。夫婦関係の修復は長い道のりです。遠回りにならないよう、冷静な心を保てるようにしましょう。

・感謝と愛情を言葉で表現する

思っていることは言葉にしないと伝わりません。一からやり直しの夫婦ですから「察して」は封印し、積極的に言葉で表現しましょう。はじめは不信感も拭えない状態で、難しいかもしれませんが、お互い歩みよっていくことで前にすすめます。

・お互い癒しあえる仲を目指す

お互い癒しあえる関係になると、自然と家が温かな雰囲気になり居心地の良い場所となります。信頼関係が無くなった初めは、お互いぎくしゃくするでしょう。そのときに拒絶や否定し合うのではなく、尊重し合えるようにしていくと関係修復が軌道に乗っていきます。

・昔の夫婦関係を目標としない

夫婦関係の修復をしていく際、昔の夫婦関係を目標としないようにしましょう。一度崩れてしまったものは、元のとおりに直りません。新たに構築することを目指すと、関係修復が上手くいきます。

・解決のための話し合いと認識する

どうしても感情的になってしまうときは、仕切り直して別の機会に話し合うようにしましょう。話し合いは課題や問題を解決するために行うものです。不毛な感情のぶつけ合いは、いくら話したとしても前に進みません。冷静を保ち、お互い歩み寄って話し合えるようにしましょう。

〇関係修復のために夫をもう一度信じるには

・けじめをつけてもらう

浮気の証拠を押さえ、しっかりと反省してもらいます。浮気相手との関係を清算してもらい、慰謝料も払ってもらうことで、けじめになるでしょう。

・パートナーと適度な距離を取る

焦って関係修復しようとして近づきすぎるのも、信用できなくて遠ざけるのも良くありません。夫を信頼するには、また夫を理解する必要があります。適度な距離を保ち、夫に関心を持つことで信頼関係が少しずつ回復に向かいます。

・夫婦の間の秘密や隠し事は減らしていく

夫婦の行動に透明性を持たせることをおすすめします。お金の使い道、出かけるときの情報共有、やり取りしている相手を教えるなど。お互い疑問や不安を抱く要素を減らしていくことで、安心と信頼を得ることができます。

・すすんでコミュニケーションをとる

不信感や嫌悪感でいっぱいだとしても、今後のためを思うならコミュニケーションを取るようにしましょう。人間関係はコミュニケーションが大切です。信頼も愛情もコミュニケーションから生まれます。

〇夫婦円満までのステップ

夫婦円満までのステップは

1.けじめと反省

2.信頼の再構築

3.夫婦関係の修復

この3つです。

浮気が発覚後は夫にけじめをつけてもらいます。妻は振り返りと反省をしましょう。浮気により崩れた夫婦関係を修復するのは簡単ではありません。夫の裏切りで夫婦の信頼関係がゼロの状態のため、信頼関係を修復するところから始めます。信頼は時間によってだんだんと回復するものです。焦らずじっくりと信頼を築き、夫婦の関係を修復していきましょう。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから