さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

夫の浮気・不倫!確固たる証拠がないと妻が不利?!

夫の浮気が発覚し、証拠不十分で話し合いを設けようとしていませんか?夫の浮気が分かっても、確固たる証拠はありますか?夫の浮気・不倫に対する離婚請求や慰謝料請求は、確実な証拠を持っていないと妻が不利になることがあります。焦って不十分な証拠を突きつけるより、言い逃れできない確固たる証拠を提示しましょう。夫の浮気でも、確固たる証拠がないと妻が不利になる理由。また、有利に話合いを進めるために必要な証拠集めの方法をご紹介します。

〇なぜ確固たる証拠がないと妻が不利になるのか

なぜ浮気・不倫した夫より、被害者の妻が不利になるのか。それは証拠不十分のため、夫や愛人の言い逃れする隙を与えてしまうからです。浮気や不倫は発覚したとしても、当事者の夫や愛人が浮気・不倫を認めない場合は妻が証明しなければなりません。証明するには確実な証拠が必要となります。言い逃れできる隙があると、証明できないまま不利な状態で離婚となる場合も。酷いときは慰謝料を払ってもらえないこともあるのです。

〇有利に進めるための証拠集めの方法

・自力で証拠集め

ほとんどの人は自力で集めた証拠を利用するでしょう。携帯やパソコンの確認、GPSによる追跡調査、レシートやカード情報の確認など。自力で集める証拠には限度がありますが、効果的な証拠も収集できる場合があります。家族や友人の力を借りるのも、良いでしょう。

※勝手に携帯を盗み見ることは「プライバシーの侵害」として賠償請求に発展する恐れがあります。携帯を見ても良いと言われている場合のみ、犯罪になりません。

・探偵事務所へ依頼

最も確実な証拠集めは探偵事務所への相談・依頼です。探偵事務所が収集した証拠は第三者が提示する証拠です。また、「浮気・不倫の調査報告書」としてまとめられるため、確固たる証拠となります。お金がかかるものの、言い逃れできない証拠を集めるには探偵事務所がおすすめです。

・弁護士へ相談のうえ証拠集め

夫の浮気・不倫について相談し、必要な証拠について弁護士にアドバイスをもらうのも一つの手です。弁護士のアドバイスで集めた証拠であれば、法的にも確実なものとなります。お同じような依頼を多く受けたことのある弁護士ならではの、アドバイスをもらえるでしょう。

〇メールやラインのやり取りだけでは不十分

メールやラインのやり取りは確実な証拠のように思えますが、実は浮気・不倫の証拠として不十分です。「冗談で話していただけだ」、「恋愛感情から言ったわけではない」など、誤魔化すことができます。そのため、補助的な証拠と捉えた方が良いでしょう。確実な証拠とならない以上、他の証拠も集めておくことをおすすめします。

〇証拠を提示して話し合う前に知っておくべきこと

証拠を提示して話し合う前に知っておくべきことは「慰謝料の相場・財産分与・養育費・親権」の4つです。証拠を得たとしても、知識が足りないと話し合いが不利な方へと流れてしまいます。浮気・不倫された妻が不利な立場になって良いはずがありません。証拠だけでなく知識の収集も徹底しましょう。丸め込まれてしまわぬよう、専門家への相談も大切です。

〇被害者である妻が不利にならないために

夫の不貞行為により傷つけられた妻が不利な立場とならないために、浮気・不倫の証拠は確固たるものを押さえておきましょう。また、証拠だけでなく必要な知識や情報も集めておくことをおすすめします。離婚・慰謝料請求を考えている方は専門家を頼ることをおすすめします。不倫夫と愛人とのやり取りは精神的な負担も大きいでしょう。第三者を頼って、独りで抱え込まないようにしましょう。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから