さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

夫の浮気に対して復讐したい!合法的に復讐する方法とは

復讐は冷静であるほど上手くいきます。夫の浮気が発覚し「復讐してやる!」と燃えていませんか?夫へ復讐するならば、感情に飲まれないことが大切です。夫への合法的な復讐方法をご紹介します。この記事を読むことで、不利な立場にならずに復讐を成功させられるでしょう。専門家へ頼る復讐方法から簡単にできる復讐方法もあります。

○合法的な復讐をしたいなら慰謝料請求がおすすめ

合法的な復讐を望むなら慰謝料請求がおすすめです。法を犯さずに、夫を罰することが可能。慰謝料請求には「書面での請求」、「裁判での請求」があります。浮気の責任は夫にあるため、しっかりとした証拠があれば有利に話が進むでしょう。浮気相手への慰謝料請求を検討することもおすすめします。双方にけじめをつけてもらう意味でも、夫と浮気相手どちらにも慰謝料請求することが望ましいです。

夫に請求できる慰謝料の相場としては

・夫の浮気が原因だが離婚を望まない…50~100万円

・夫の浮気が原因で離婚する…200万前後

となっており、子どもの有無や今までの夫婦関係、婚姻年数などにより慰謝料は変わります。

慰謝料請求を受けた夫は

・多額の支払い義務

・社会的信用の損失

・愛人との決別

により、屈辱と敗北を味わい反省をすることでしょう。

慰謝料請求により得たお金は、妻の自由に使えます。

自由なお金を使い、買い物や食事、カウンセリングなどで心の傷を癒せるでしょう。

○復讐成功のカギは浮気を証明する確実な証拠

復讐を成功させるためのカギは、浮気を証明する確実な証拠です。連絡を取り合っていた履歴や、レシートなどでは証拠不足とみなされる場合があります。ホテルに入る写真や、相手の家に何度も通う様子の写真など。探偵事務所に依頼し、確実な証拠を確保しましょう。浮気相手の特定も夫にダメージを与えられます。言い逃れできない証拠であれば、妻が有利になります。

○慰謝料請求以外の復讐方法

慰謝料請求以外にも法に触れない復讐方法はいくつもあります。妻だからこそよくわかる、夫が嫌がること・嫌うことをあえて行うのも手です。慰謝料請求以外の復讐方法の例をご紹介しておきます。

・念書や誓約書を書かせる

・家計管理の権限を妻が掌握する

・仕事後は直帰させる

・高価なものを買わせる

・携帯にGPS機能アプリをインストールさせる

・夫が嫌いなものばかり食卓に並べる など

慰謝料請求以外にも、多くの復讐方法があります。自分の貯金や家族関係などを考慮し選びましょう。子どもがいる場合は夫から親権を取ることも視野に入れておくと、もしもの時に安心です。専門家へ相談する際に合わせて相談しておきましょう。

○度が過ぎる復讐は妻が不利になる

感情に任せて度が過ぎた復讐をしていると、妻が不利になる場合があります。家庭内DVや名誉棄損罪、脅迫罪などに該当しないよう気をつけましょう。浮気した夫も一人の人間です。残念ながら、夫にも各権利があります。暴力や暴言は使わずに復讐しましょう。精神的に追い詰めすぎるとDVと捉えられてしまいます。様子を見て冷静に復讐することをおすすめします。

〇復讐の必要性を考えてから決行すること

浮気は許されるものではありません。浮気の責任は浮気した夫自身にあります。ただ、原因やきっかけが妻にある可能性はゼロではありません。冷静になって、今までの2人を振り返りましょう。夫は100%嫌な男だったでしょうか。関係修復や再構築を考える道もあることを知っておいてください。前から酷い夫であったのなら慰謝料をしっかりもらい、離婚も良いでしょう。過去を振り返り、未来を見据えたうえで復讐するか判断することをおすすめします。

 

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから