さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気対策・予防豆知識」

男性の浮気に対する考えかた

女性からしてみると浮気というのは裏切り行為です。実際に浮気をするというのは客観的に裏切り行為ではあるのですが、男性と女性とでは浮気をするという行為に対する罪悪感に大きな差があります。ですので、浮気をしている割合でいうと女性よりも男性のほうが多いことに繋がります。

まず、女性で浮気をしている人の多くは肉体的というよりは、精神的なものが先にきます。精神的なもののあとに肉体的な繋がりというものがあります。ですので、女性の価値観としては、現状の関係に不満があり、精神的に他の女性に依存してしまい、浮気をしたのだと考えるわけです。

ところが、男性の浮気というものは精神的なものではなく、そのほとんどは肉体的な欲求が先にきます。肉体的な欲求を満たせる可能性のある女性に対して心理が動くという言い方ができるのです。ですので、女性からすると不思議かもしれませんが、男性の場合は恋人関係や婚姻関係、家族関係が円満な場合であっても浮気や不倫をする場合があるのです。

女性の場合は逆に恋人関係が充実していたり、婚姻関係、家族の関係が円満にいっていたりするときというのは浮気をしないものです。女性が浮気をする場合というのは、基本的には相手に対する感情が無くなっている場合が多いものです。例えば、旦那にはもうまったく愛情はなく、子供がいなかったらとっくに離婚をしているのに、子供のことや今後の生活を考えた場合に、離婚することはできないという場合です。こうなると、男女としての気持ちはすでに冷めており、旦那というのは生活のための経済力でしかないのです。

このように完全に気持ちが冷めた生活を送っているときに、自分のことを女性として見てくれる男性があらわれ、自分も相手のことを男性として見るようになり、「気持ち」が傾くことによって不倫へと発展していくのです。

ですので、女性が男性の浮気を知った場合には、その男性は現状に不満があり、夫婦関係は破綻しており、気持ちがなくなって、他の女性に気持ちが行ってしまったと考えるので、余計に腹がたったり、悲しくなったりするのです。

逆に女性の場合は、浮気をしている人に罪悪感はほぼありません。なぜなら、相手に対する感情はすでになく、気持ちがないからです。離婚が露呈したことによって離婚になったとしてもいいきっかけになったというくらいのものです。決断ができずにだらだらと結婚関係を続けていたので、1つの区切りになるという場合もあります。女性の場合の罪悪感というのは旦那に対してではなく子供に向くことが一般的です。

一方。男性の場合は浮気をするのは気持ちがあるからではないので、もし浮気がばれてしまった場合には奥さんと別れるのではなく、浮気相手と別れようとするケースがほとんどです。もともとそれほど感情があったわけではなく、むしろ気持ちは家族のほうにあるので、家族と離別することのほうを選ぶことはできないわけです。

浮気をされた女性と、浮気相手になった女性を単純に比較した場合には、浮気相手になった女性のほうが不幸になるケースが多いのは、こういう心理からです。浮気相手にはさも気持ちがあるように振舞うことで関係を継続しようとしている男性も家族が崩壊の危機となると、途端に態度を急変させ関係を切ろうとするものです。

【まとめ】
女性の浮気というのは、基本的に相手のことを好きになって浮気をするものですが、男性の浮気というのは感情が全くなくてもできてしまいます。ですので、男性の浮気が発覚して、感情的になったときに、何が許せないのかというのを一度冷静に考えてみることが大切です。実際に一番悲惨なのは浮気相手の女性かもしれません。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから