対応エリア檜原村

東京都檜原村の浮気調査について

浮気は大切な方を裏切る卑劣な行為です!
当社は、その裏切り行為を絶対に許しません!

浮気調査・浮気証拠の収集なら当社にお任せください!
最近、納得がいかない言い訳や、嘘が多いと感じていませんか?
相談する人がいない為、一人で悩んでいませんか?
離婚裁判などの証拠資料の収集もお任せください。
早い段階での調査が、あなたを守ります。

調査力+低料金に自信があります!!

浮気調査は、調査力の差がもっとも表れやすい調査だと言われています。何故なら他の調査と違い失敗が絶対に許されないからです。

浮気調査の対象者に調査されている事が判ってしまうと、その後の調査が継続困難になるばかりか、依頼された方の立場が不利になってしまう場合もあります。ですから、まず調査力を重視して探偵選びをされる事が重要になってきます。

しかし、いくら調査力が高くても、調査料金まで高くなってしまうようでは、意味がありません。
「調査力+低料金」こそが何よりも重要な事です。さいたま市周辺の浮気調査、不倫調査は是非、お任せください。

浮気を認めさせるには確実な証拠が必要です!!

確実な証拠もなく相手に問い質しても素直に認める人は居ません。
事前に用意したアリバイや、自分に都合の良い言い逃れを並べ「どうして信じられないんだ!!」と逆ギレをされるだけです。確かな証拠を持たない追求は、逆にあなたが不利になるだけです。

浮気調査と聞くと、皆さんは重く受け止めがちですが、探偵社への依頼は年々増え続け、悩める依頼者の強い味方になっています。
別れる場合は「決定打の武器」に。修復の場合は「目を覚まさせる切り札」に。

浮気調査専門のプロだからこそ、つかめる証拠やお伝えできるアドバイスがあります。あなたの中に抱いてしまった不信や疑惑に決着をつけ、今よりも良い方向に進んでいきませんか?
おひとりで悩みや疑念を抱え込まず、ご相談ください。

当社は最新鋭機器を使い、調査の省力化を行い調査料金の限界に挑戦しています

当社は浮気調査専門の探偵事務所です。初めての方や主婦の方が、調査料金が気になり依頼する事に中々、踏み出せないケースが多い事から、さいたま市を中心とした浮気調査料金を1時間:1500円に設定しています。

低料金だから調査に問題があるのでは?と思われる方もいると思いますが、当社では低料金実現の為に最新鋭の調査機器を導入して、無駄な張り込み・追跡等を無くし低価格でも確かな浮気の証拠を掴み、多くの方々から満足の声を多数頂いております。

さいたま市を中心とする浮気調査、不倫調査のご依頼は是非、「卑劣な裏切り行為」は絶対に許さない当社へお任せください

「調査力+低価格」で依頼者様にお応えする為のトラスト・アイの取り組み

  • 状況を確認して適切な調査計画を立案し、ご提案を行います。
  • 最新鋭調査機器を使い、対象者の行動パターンや行動範囲を特定します。
  • 得られた情報をもとに、張り込み・追跡などを行い、調査の無駄を無くします。
  • 調査員の人数は、可能な限り最少に抑えながら証拠の確保に努めます。

どこよりも低価格で確かな調査結果!!

浮気調査の料金について

浮気調査を依頼される皆さんが調査内容よりも、まず一番に心配されるのが料金の事ではないでしょうか。

当社が最低調査費用を1500円としているのも、少しでもパートナーの浮気に苦しむ方々のお役に立てればとの思いから設定させて頂いております。

浮気調査の料金は、依頼される方が得たい情報・裁判等でも有効な証拠や、調査を行う対象者の行動範囲・対象者の移動手段に伴う車両やバイクの有無、日数・調査時間・最低限必要な人員数、女性調査員の必要有無などを検討した上で算出させて頂きます。

当社では、依頼者様から詳しくお話を伺った上で適切なアドバイスを行い、調査方法を選択させて頂きます。
ご面談の際に、ご予算・ご希望する調査の証拠や今後の事など、トラスト・アイ総合探偵事務所さいたま市相談窓口までお気軽にご相談ください。

確かな浮気の証拠を掴み、ご満足頂ける報告書を作成

調査完了後、調査内容をまとめた報告書をお渡しいたします。
対象者の写真、時間、行動、場所や地図、相手の人物の特徴などを詳細に記載しております。

ご依頼者様が希望された調査内容や、ご契約の内容に合わせた浮気調査の記録です。例えば不貞行為を確認する場合、対象者がホテルや相手の自宅等への出入りする瞬間を撮影していきます。

作成する報告書は、紙以外にDVDなどの記録媒体でもお渡しをしております。

ご満足頂ける確実な証拠を掴み、ご報告する事を心がけています。

  • 撮影日時と場所が明確に記載された証拠資料と画像をお渡し致します。
  • 調査開始時の開始場所ならびに調査人員を正確に記載致します。
  • 対象者の行動や、浮気の相手と思われる人物の特徴を明確に記載致します。
  • 電車・バス等の路線名・乗車時間と駅等の正式名称を正確に記載致します。
  • 移動手段に車両等を使用する場合は、移動経路等を明確に記載致します。
  • 浮気の相手と行った店舗及び娯楽施設等の名称・所在地を正確に記載致します。
  • 確実な証拠と呼べる報告書を作成致します。

東京都檜原村について

概要

檜原村(ひのはらむら)は、東京都の多摩地域西部にある村である。島嶼部(とうしょぶ)を除いた東京都の本州における唯一の村。あきる野市への通勤率は15.5%(平成22年国勢調査)。「桧原村」と書くこともある。

歴史

立村前
縄文時代
現在、檜原村村域となっている地域には縄文早期以降、人が住んだ跡が幾つも発見されている[1]。縄文中期になると、現在の檜原村の各集落がある地域にはそれぞれ1家族から3家族程度の規模で人が定住していたと考えられている[2]。縄文期の村域の人口は20人から40人程度であったと推測されている。[3]

古墳時代
古墳時代になると、大陸からの渡来人系の集団が近畿地方から移住したと考えられている。人里(へんぼり)集落の名前の由来は、「フン」「ボル」(モンゴル語で人間を意味する「フン」と、新羅語で集落を意味する「ボル」)が訛ったものではないかとの説もある[4]。

橘高安
8世紀頃、河内にいた高麗系の渡来人集団である高安氏と橘戸氏は人里集落の渡来人系集団を頼って来住し、南秋川沿いにある人里から浅間尾根を越えた北秋川沿いに定住した(現在の小岩)。この集団の長は代々「宿辺少将橘高安(やどりべのしょうしょうたちばなたかやす)」を名乗った。

安和の変
北秋川と南秋川を隔てる浅間尾根には、とある高貴な人物の墓所があるとの口伝が小岩集落には伝えられているが、これについて安和の変との関係を指摘する意見もある。それによると、安和の変の際に追っ手がかかった源連(みなもとのつらぬ)は東国に逃亡して橘高安にかくまわれ、後に為平親王の第4子為定親王(源為定)を呼び寄せたとされる。小岩集落にある「王子が城」「タメサダヤカタ」の古地名がその理由として挙げられている[5]。

平山氏による支配と落人伝説
あきる野市の大悲願寺の過去帳および小岩の宝蔵寺の縁起(勝軍地蔵縁起)によると、宝蔵寺の創建は12世紀から13世紀にかけて活躍した平山氏(日奉氏)の武将、平山季重とされている。このことから、12世紀頃には武蔵七党の日奉氏(西党)の勢力が村域に及んでいたと推測されている[6]。平山氏はその後、1546年の川越城の戦いを経て後北条氏に仕えた。

また鎌倉時代には和田義盛や吉野重季の一族が落ち延びてきて村域に住んだとの伝説が残されており、和田集落は和田一族が住んだ場所であると考えられている。また数馬集落は南北朝時代に南朝側で戦った小野氏経が移り住んだ集落である。その他にも、甲斐の武田氏滅亡の際に逃げてきた人々が神戸集落に定住したなど、各集落には様々な時代に村域に逃げてきた落人が家の先祖であるとの口伝が数多く伝わっている[7]。

太神楽や式三番が始まったのもこの時期で、前者は1545年、後者は1561年に創始されている[8]。

1590年の豊臣秀吉の関東侵攻の際、後北条氏に仕えていた平山氏重は檜原城を守り、八王子城の落城と同じ日に檜原城も落城して氏重は敗死している(これにより平山氏本家は滅亡)檜原城の落城の経緯には諸説あり、氏重と八王子城代家老の横地堅物は一戦して敗北したという説と、氏重らは戦わずに城を捨てて自刃したという説がある。また氏重の息子の氏久は宗白と改名して、檜原城落城後も引き続き檜原に居住したとされる。[9]。

江戸時代の檜原
江戸時代の檜原は天領となり、代官が置かれた。五日市から浅間尾根を通って甲斐に抜ける道は甲州中道と呼ばれ、甲州道中の裏街道として盛んに利用された。本宿の橘橋には番所が置かれ、甲州中道を通る者を監視した。この番所は「口留の番所」と称した。

檜原は代官の下で23の組に分けられていた。村民の代表者として世襲制の名主がおり、また各組にはそれぞれ年寄と百姓代が置かれていて(合計で46人)、住民による自治が行われていた[10]。主な産業は炭焼きや林業であった。檜原で焼かれた木炭は五日市に運ばれて売却された。1789年に檜原からこの販路で出荷された木炭は135163俵であった。江戸の街作りや火事によって檜原の木材需要は増え、林業も盛んになった。当初、檜原には木挽き師や杣師がいなかったので、青梅から技術が導入された。この頃の檜原の山林はモミ、クリ、ケヤキ、ツガなどの原生林であった[11]。切り出された木材は筏師によって秋川、多摩川を流され、江戸市中へと出荷された。[12]

明治維新
明治維新がおこると、村は最初韮山県に属したが、1871年には神奈川県となった。村そのものは江戸時代以前と村域も変わらず、23組に分かれた自治体制にも大きな変化はなかった。この年には戸長が置かれ、その時点で名主であった吉野郡次が戸長となった。1878年には官選の戸長として新たに宮田静応が戸長となった。しかし村の自治組織は23組のままで、村域は東部・南部・北部の三つに大きく分かれてまとまっていた[13]。

立村後
1889年(明治22年)4月1日、 町村制施行により立村。[14][15] (立村当時は神奈川県西多摩郡檜原村)戸長役場が村役場となり、上元郷に置かれた[16]。初代村長は選挙により吉野郡次が当選した。しかし1881年頃から村人の間で村政の主導権を巡って争いが続いていた。1893年(明治26年)4月1日 、西多摩郡が南多摩郡、北多摩郡と共に東京府へ編入された。これに伴い、檜原村も神奈川県から東京府に編入となった。だが前述の内紛のあおりを受けて、東京府編入の直前に助役、収入役、村長が辞任するという事態となった。さらに5月に新しく選出された村長が8月には辞任してしまい、村の自治は大混乱となった。

この村内の対立と混乱はなおも続き、1898年から3年間は村長そのものが不在となった。村長不在の事態は村外の人間の官選村長就任によって解消され、6代目から8代目までの3人が村外の官選村長となった。しかし村内の対立は解消されず、分村問題が浮上することになった。この時の分村問題は「南檜原区会」の設立という妥協案にて何とか収拾を見たものの、1913年には再び分村問題が再燃し、1915年には「南檜原区会」が分村を求めて国会や東京府、西多摩郡に請願書を提出した。この分村は東京府や西多摩郡の説得によって回避されたが、「南檜原区会」は1941年まで存続した[17]。

1943年(昭和18年)7月1日、都制施行により、東京府、東京市が統合し東京都を新設。檜原村も東京都となった。

1984年(昭和59年)3月31日、防災行政無線が開局する。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所さいたま市相談窓口

Copyright © 2021 【女性専用】埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所さいたま市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.